どのような交通事故でも、保険会社にすぐに電話することでスムーズに解決します

交通事故は誰にとっても予期せぬものです。そのため交通事故を起こしてしまうと、その後どのような行動を取って良いのか分からず気が動転してしまう人は多いでしょう。事故後一番最初に行なうべきことは、負傷者がいる場合は救急へ連絡することです。

次に警察へ連絡したり、事故の相手方と連絡先を交換します。そしてその後、自分が契約している保険会社へ連絡をする必要があります。

交通事故後はすぐに保険会社に電話することが大切です

自動車を所有している人の多くが任意の自動車保険に加入しているはずですので、交通事故を起こしてしまった場合は出来るだけ早く電話しましょう。必ず事故当日に電話しなければならないという決まりはありませんが、出来るだけ記憶が鮮明な事故当日か翌日には電話するようにすることをおすすめします。

時間が経過してしまうと詳しい事故状況を思い出すことが出来なくなり、過失交渉が必要な事故の場合は解決までに時間がかかってしまうことがあります。また保険会社への電話が遅れれば遅れるほど、事故と車両の損傷や怪我との因果関係が認められないこともありますので注意が必要です。

そして相手がいる交通事故の場合は、保険会社から相手方への連絡が遅れると相手方の心証を著しく損なうことになります。特に自分の過失が100パーセントの事故や明らかに過失が大きい事故の場合は、対応が遅れると相手が不満を持ちその後の示談交渉が非常に難航してしまうことが多いと言えます。

保険会社に電話する際は事前に準備しておくことがあります

各保険会社も交通事故後は出来るだけ早く事故報告をすることを推奨していて、24時間365日事故受付を行うコールセンターを設置しています。事故後の処理が全て終わって落ち着きを取り戻したら、すぐに自分が契約している保険会社のコールセンターに電話しましょう。

その際は、ただ事故状況だけを伝えたら良いというものではありません。まずは保険契約内容の確認のために必要となる保険証券や、車両保険を請求する予定ならば運転者の免許証の確認も必要となります。保険証券や運転者の運転免許証は必ず手元に置いて電話し、自分の自動車の修理工場名やその連絡先、受診しているならば怪我の状態や病院名、その連絡先も伝えます。

もちろん事故についてもその日時や事故現場の住所、状況や届出警察など詳しく話す必要があります。受付担当者から何を聞かれてもすぐに答えることが出来るよう事故に関することはメモにしておき、これも手元に置きながら電話しましょう。

相手がいる事故の場合は相手の氏名や住所、修理工場や病院など、出来るだけ詳しい内容を伝える事が出来れば、その後の保険会社による相手方への対応もスムーズに進みます。

単独の物損事故でも電話をしておきましょう

相手がいる交通事故であれば、保険会社への電話を怠る人はほとんどいないと思います。その一方で単独事故で物損のみの場合であれば、保険を使用する程でも無いと思い電話しない人もいるのではないでしょうか。ですが車両の損傷は見た目はひどく無くても、修理見積を取ってみると想像以上に高額だったということは珍しくありません。

このような場合は急いで保険会社に電話することになると思いますが、先にも述べたように事故から月日が経てば経つほど事故と車両の損傷の因果関係が認められることが難しくなることがあります。そもそも最初は保険を使用しないつもりであったならば、事故の日時や状況についても正確に覚えていないことの方が多いでしょう。

その場合は事故状況と車両の損傷に整合性があるかどうか調べられるため、保険金支払いまでに時間もかかります。交通事故を起こした場合は、単独事故であっても保険会社に電話しておくと後々安心です。保険会社への電話は多大な労力がかかるものではありませんので、少しでも保険を使用する可能性があると感じた場合はためらわずに電話しましょう。

被害事故の場合も保険会社へ電話しましょう

被追突事故や駐車中に接触されたような完全な被害事故の場合も、自らの保険会社へ電話しない人がいます。確かに被害事故の場合は加害者から賠償を受けることが出来るため、自分の自動車保険を使用する必要がありません。

そのため保険会社にして貰うことは何も無いと思い、電話する必要が無いと思ってしまっても仕方がありませんが、被害事故の場合も電話をしておいて損することはありません。万が一加害者が無保険者であった場合は賠償を受けることが出来ないことが多く、その場合は自分の自動車保険を使用せざるを得ない状況に陥りがちです。

ですが自動車保険によっては、被害事故の場合は車両保険を使用しても保険の等級が下がらない無過失事故特約もあります。怪我を負ったとしても、人身傷害保険で保険の等級が下がることなく怪我の治療費等を支払って貰うことも出来ます。

相手方が任意保険に加入していて相手保険会社から賠償を受けることが出来たとしても、示談交渉が難航した場合は弁護士に相談したいという場合もあるでしょう。その場合は弁護士特約を付帯していれば、弁護士費用を支払って貰うことも出来ます。

このように、被害事故の場合も保険会社に電話しておくと一人で悩まずに済むと言えます。被害事故の場合は特に事故報告が面倒だと感じるかもしれませんが、不測の事態に備えるためだと思って電話しておきましょう。

事故現場から保険会社へ電話しても構いません

交通事故の状況によってはレッカー移動が必要な場合もあるのではないでしょうか。その場合は救急や警察への連絡が終わったならば、その場ですぐに保険会社に電話することをおすすめします。最近は各保険会社で無料でレッカーを行うなど多様なサービスを展開していますので、事故現場にレッカー車を手配して貰うことも出来ます。

すぐに修理工場に入庫したいけれど修理工場に心当たりが無い、という時も修理工場を紹介して貰うことも出来ますので、困ったことがあれば事故現場から保険会社に電話すると助けて貰えることが多いと言えます。突然の交通事故で気が動転して困っているからこそどうしていいのか分からず、保険会社に聞きたいという人もいるでしょう。

救急や警察への連絡が終わっているのならば、事故現場からでも保険会社に電話してその後の指示を仰いでも構いません。受付担当者や事故担当者が何をすべきかをアドバイスしてくれるので安心ですし、電話が早ければ早いほど保険会社の対応も早くなります。

交通事故を起こしたら相手に謝罪すべき?

関連情報…アディーレ法律事務所 ... 交通事故障害認定
投稿日: